20%近くも出会いの場に利用!であいの効率を求めるためにSNSを使う人が急上昇!

以前にはであいの場に行くなら、自分から必死に探していましたが、現在はリアルに出会いを求めるならSNSを通じている人が多いようです。
その理由として、年齢を重ねていくうちに出会いの数が限定していくことが原因となります。

なので、昨今主流となっているSNSを用いることで、ただの交流から出会いに繋げる可能性が広がるのです。
今回は、SNSを出会いの場として20%近くも利用しているユーザーが年々増えている理由に迫っていきます。

普段の生活よりも出会いが増える

素敵な出会いを求める場所の割合で、学校が50%、その次がSNSの20%近くになっているそうです。
であいを求める人が昨今に渡り、SNSを利用して多数になっていきているのが分かります。

メールや電話のみですと、相手の予定を逐一読めなかったり、スケジュール全体を合わせるのが大変です。
しかし、オフ会や合コンなどもSNSを利用した方が効率化しますし、友人・知人が多数いるほど、簡単に誘われる確率も増えるというものです。

また、タイムラインで自分の予定を発信することで、都合が空いたときに誘うこともできるのです。

さらに、ふとしたことを発信するだけでも、その情報を見た人が共感することもあります。
さらに、外出先で同じ光景などを観た後で、共有することも可能です。
つまり、SNSはであいに繋がるキッカケが作りやすいツールと言えるのです。

コミュニティは活用しやすい

SNSの特徴として、共通の話題を探しやすいコミュニティは、であいの場を提供しやすいものになります。
初めての相手でも、共感できるものが当てはまることがあれば、「気が合う」人も生まれやすくなります。

さらにユーザーが増えるSNS

SNSと言っても、本来は交流を求めるのがメインなので、出会いは「二の次」ということもあります。
交流だけでしたら、あまり深く考えずに利用しても問題はないですが、出会いを作る場合には、積極的に発信したり、気になった相手を見つけるといった工夫になってきます。
ただ、恋愛のであいの場として利用するユーザーはこれからも増えていく可能性は高いので、よりであいの効率は良くなるでしょう。

土曜日, 11月 7th, 2015 SNSの利用方法