Archive for 11月, 2015

間違ってない?SNSでであうキッカケを作れない人の特徴とは

普段は交流のメインで使用するSNSは、工夫次第で出会える可能性を秘めているツールです。
相手と交流を何回か深めることで、お誘いをしたり、イベントに参加して出会う生んだりすることも。
しかし、出会うまでに発展しなかったり、逆に引かれて誘われない人がいるのも実情です。
今回は、であうキッカケが作れない人の特徴をご紹介しましょう。

無意味なコメントをしている

TwitterやFacebookなどでも、リプライしたりコメント残したりと言ったことはSNSを利用したことがある人なら、気になった相手に送ったこともあるのではないでしょうか。
しかし、コメントを残すにしても、あまりにも当たり障りのない文言だったり、相手が発信したことから逸れていると、相手もどう返信していいのか迷ってしまいます。

また、欲しいメッセージではない、その人にとって不快なものだとしても、同様に何度アプローチしても相手にされる可能性は少ないのです。

複数の相手に送り過ぎる

SNSは、コミュニティの幅が広いと言っても、誰と誰が繋がっているか分からないものです。
例えば、複数の相手にメッセージを送る際には、友人または知人同士ではないか注意が必要です。

プロフィールの部分では判別はつきませんが、一気にテンプレのような文言を送れば「同じ言葉を送ってる…」と怪しまれます。

これを防ぐためには、数打てば当たるやり方で相手に送っていることがあるので、文言を変えたり、丁寧に送ることをおすすめします。
あまり同じ文言を送っていると、相手にされないだけでなく、スパムと勘違いされることもあります。

何のためにメールを送るか

SNSを使ってもであえない人は、プロフにある趣味や詳細を見ないで、ただメッセージを送っている可能性があります。
また、交流の場であるはずなのに、一方通行であることも原因です。
相手からしっかりとリプライが欲しい場合には、送る先を考えたアプローチに変更したり、工夫を凝らすことで出会える確率も格段に上がります。

水曜日, 11月 11th, 2015 SNSの利用方法 間違ってない?SNSでであうキッカケを作れない人の特徴とは はコメントを受け付けていません。

これでは相手されない?SNSでアップする画像もであいに重要!

相手が判断しやすいようにSNSでは自分の写真をアップしたり、似たようなアイコンなどを表示している人もいます。
アイコンやイラストの場合は、自身の姿とあまりかけ離れていなければ問題ありませんが、写真をアップする場合には、度合いによって出会いのチャンスを無くすこともあるので、注意が必要です。

加工は出会いを遠ざける

アプリやPCなどの画像加工を使えば、綺麗な自分を見せることが出来て、相手からも好印象と思われがちです。
多少なら問題ありませんが、不自然なほどに自分の顔と現実の顔が離れていたり、全く別物になると、相手は引いてしまいます。

例えば、白い加工を使うと美白に見えますが、あまりにも白すぎて自然な肌の色を保ってないように見えます。
加工を使うのは良いですが、できるだけナチュラルな雰囲気がでるように工夫をしましょう。

無表情は親しみが見られない

常に結んだ表情の写真をSNSにアップしても、相手からは親しみが感じられません。
メッセージを送ろうとしても「絡みにくそう」と思われることも。
無理な笑顔をする必要はありませんが、できるだけ相手が来やすいような写真を選ぶのがベストです。

自分中心になっていませんか?

写真を顔全体にアップする人もいますが、自分の魅力を最大限に出せても、相手からは「自信家」や「怖い…」というイメージを持たれることがあります。
自分の顔に絶対的な自信があったとしても、顔アップは控えるようにしましょう。

あくまでも過剰は禁物

このことから、あまり自分を持ち上げたり、下げたりすると、出会いのチャンスを潰すことが多いです。
自然体であり、相手から来てもらいやすい画像を選ぶことで、出会いへのキッカケが広がります。

プロフが充実しているのに、コメントやリプライが無い場合には、画像が原因かもしれませんね。
出会いを探すのなら、自分本位の写真でないかどうか確認してみることをおすすめします。
写真を変えるだけも変化があるかもしれませんよ。

火曜日, 11月 10th, 2015 SNSの利用方法 これでは相手されない?SNSでアップする画像もであいに重要! はコメントを受け付けていません。

SNS内のメッセージは等身大でやり取りすることで音信不通を防ぎます

SNSは遠方の相手とも簡単にコミュニケーションを取れますが、あまりに頼り過ぎると「いつでも連絡が取れるから…」と音信不通になりかねません。
そうならないためにも、SNSは依存しないで等身大でやり取りしたり、直接出会いを作ることで回避することができます。

やり取りすると温度差が出る

SNSでやり取りした後に、リアルで出会うと意外とイメージは違ったという経験はありませんか?
また、逆に直接会ったときは普通でも、SNSを使うと何を考えているのか分からない文章を思い書く人もいます。

相手の裏の顔を見れて良いと思うのは、気心知れた人のみとなります。
SNSで知り合った人に対して「分かって欲しい」と思っても、長く付き合うことがないと、相手は引いてしまう可能性が高くなり、いつの間にかフェードアウトの原因となります。

文章でのコミュニケーションでは、出来るだけ現実と同じようなやり取りを心掛けましょう。
お互いに盛り上がり過ぎると、現実とのギャップに驚いてしまいます。

イベントなどはチャンスが大きい理由

イベントなどであれば、事前にSNSなどで通じた相手ではなく、全く初めての人もいると思います。
そういう場合には、相手の人柄も分かりやすいので、出会いから恋愛に繋がります。

もちろん、SNSから交流を得る方法も良いですが、あまりにメッセージに頼り過ぎると、行動が伴わなかったり、チャンスを逃したりすることもあります。
もし、音信不通を防ぎたいのであれば、SNSからのイベントを利用することで上手にいきます。

自分らしさが素敵な出会いにする

対面で会うときは、何回か重ねて、ギャップがあったとしても埋めることはできますが、SNSの場合にはギャップがチャンスを逃すこともあります。
なので、等身大の自分でやり取りをすることでギャップがなく、相手に期待を持たせることなく素敵な出会いにすることができます。
ぜひ、SNSを利用して出会う場合には、自分らしさを心掛けてみましょう。

月曜日, 11月 9th, 2015 SNSの利用方法 SNS内のメッセージは等身大でやり取りすることで音信不通を防ぎます はコメントを受け付けていません。

SNSを使って好意を持たれたい相手を意識することがであう秘訣

SNSは楽しく交流できる場合には、トラブルが発生することは少ないです。
しかし、SNSでも出会いを求める人が多いことから、メッセージやコメントなどに悩みを抱える人も増えています。
そこで、楽しく交流したり、出会いを見つけるためにも、プロフや画像作りは特定の相手を意識する必要があります。

特定の相手だけに画像を送ろう

誰からも好かれようとするのは、見た相手から好印象を持たれやすくなります。
しかし、写メやプロフなど、不特定多数に晒すことによって、何度もメッセージを送られたり、好意を持たれたくない人からのコメントが来ます。

どういう風な相手とやり取りをしたいのか、SNSでの出会い目的を正確にしないと、特定の相手からメッセージが来ることはないのです。

また、食い付きが良くなると思っても、性的な写メですと、純粋な出会いではない可能性が強くなります。
もし、素敵な恋愛を生む出会いを求めたいなら、特定の相手に集中した方が引き寄せやすいです。

大量メッセージはブロックを

最初は良さそうな相手だと思って、自身の情報を送ったら、メッセージが毎日のように届いたという経験はありませんか?
そのような場合には、特定の相手だけを限定してやり取りした方が良いです。

メッセージをそのままにしても、諦めずにコメントを残しますので、周囲にも影響します。
実際にやり取りする際には許可した相手とするなど、わざと範囲を狭めることで、出会いを作ることができます。また、深い関係を築ける可能性もあります。

人情報を伝える際には相手を吟味して

SNSを利用して出会いを求める際には、個人情報に注意をすることが大切です。
そのためには、不特定多数用と特定のに送るものを準備する必要があります。

また、やり取りをしながら相手のことをよく観察するのも忘れないようにしましょう。
リアルに出会う前に、どんな人間なのか把握しておくと、トラブルを未然に防ぐことができます。

日曜日, 11月 8th, 2015 SNSの利用方法 SNSを使って好意を持たれたい相手を意識することがであう秘訣 はコメントを受け付けていません。

20%近くも出会いの場に利用!であいの効率を求めるためにSNSを使う人が急上昇!

以前にはであいの場に行くなら、自分から必死に探していましたが、現在はリアルに出会いを求めるならSNSを通じている人が多いようです。
その理由として、年齢を重ねていくうちに出会いの数が限定していくことが原因となります。

なので、昨今主流となっているSNSを用いることで、ただの交流から出会いに繋げる可能性が広がるのです。
今回は、SNSを出会いの場として20%近くも利用しているユーザーが年々増えている理由に迫っていきます。

普段の生活よりも出会いが増える

素敵な出会いを求める場所の割合で、学校が50%、その次がSNSの20%近くになっているそうです。
であいを求める人が昨今に渡り、SNSを利用して多数になっていきているのが分かります。

メールや電話のみですと、相手の予定を逐一読めなかったり、スケジュール全体を合わせるのが大変です。
しかし、オフ会や合コンなどもSNSを利用した方が効率化しますし、友人・知人が多数いるほど、簡単に誘われる確率も増えるというものです。

また、タイムラインで自分の予定を発信することで、都合が空いたときに誘うこともできるのです。

さらに、ふとしたことを発信するだけでも、その情報を見た人が共感することもあります。
さらに、外出先で同じ光景などを観た後で、共有することも可能です。
つまり、SNSはであいに繋がるキッカケが作りやすいツールと言えるのです。

コミュニティは活用しやすい

SNSの特徴として、共通の話題を探しやすいコミュニティは、であいの場を提供しやすいものになります。
初めての相手でも、共感できるものが当てはまることがあれば、「気が合う」人も生まれやすくなります。

さらにユーザーが増えるSNS

SNSと言っても、本来は交流を求めるのがメインなので、出会いは「二の次」ということもあります。
交流だけでしたら、あまり深く考えずに利用しても問題はないですが、出会いを作る場合には、積極的に発信したり、気になった相手を見つけるといった工夫になってきます。
ただ、恋愛のであいの場として利用するユーザーはこれからも増えていく可能性は高いので、よりであいの効率は良くなるでしょう。

土曜日, 11月 7th, 2015 SNSの利用方法 20%近くも出会いの場に利用!であいの効率を求めるためにSNSを使う人が急上昇! はコメントを受け付けていません。